6失点で降板した斎藤佑 反省の弁

ざっくり言うと

  • 2日のオリックス戦、日ハムの斎藤佑樹が今季1軍初登板初先発をした
  • 4回0/3、78球を投げ、5安打6失点と精彩を欠いた登板だった
  • 試合後、「制球が思い通りいかなかった。課題が明確になった」と反省の弁を口にした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング