写真提供:マイナビニュース

写真拡大

先月にも話題のブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』の別冊付録の効果もあって緊急重版されたデジタルコンテンツ情報雑誌『コンプティーク』(角川書店刊)が、創刊30周年を迎え、11月9日発売の12月号より誌面のリニューアルを実施することが発表された。

1983年11月10日にパソコン情報誌として創刊した『コンプティーク』は、時代の先端にあるエンタテインメント情報を追い求め、現在では『らき☆すた』や『Fate/stay night』など大ヒットコンテンツを牽引する、デジタルコンテンツ情報誌として毎月10日に発売。今回のリニューアルでは、ロゴデザインがネットとデジタル世代に向けたコンテンツマガジンとして、英字とカタカナを組み合わせたものとなり、判型を従来のサイズからA4判に変更。それぞれのビジュアルをより大きく見せていく。新しい価値と才能、作品を発見し、提供する雑誌として、ゲーム、アニメ、ライトノベル、コミックそしてネットなど多様なフィールドから選りすぐったコンテンツを掲載するとともに、新連載と新企画などさまざまなラインナップを予定しているという。

創刊30周年記念号であり、リニューアル第1号となる12月号の表紙は、KEI描き下ろしによる初音ミク。新企画、新連載が目白押しの号となるが、『艦これ』関連では、気鋭の作家SASAYUKiによるコミカライズ、総キャラクターによる人気投票、特盛ピンナップ、付録には正規空母"加賀"、"瑞鶴"、"翔鶴"のストラップを用意。そして、ファンタジーの金字塔作品『ロードス島戦記』25周年記念として、本作をリスペクトするゲームメーカー「タイプムーン」の同じく歴史的王道ファンタジー作品『Fate』とのコラボ企画が実現し、70分超の30周年記念ドラマCDが封入される。そのほか、武内崇熱筆の『ディードリット×セイバー』ビッグポスター、30周年記念クリエイター陣サイン色紙プレゼント企画なども展開される。

さらに、『艦これ』のコンプティーク編集オフィシャルブックの発売も決定。艦娘たちのイラスト、設定とともにモチーフとなった艦艇の史実や一生などを詳細に解説し、『コンプティーク』10月号の別冊付録で話題になった『艦娘型録』の豪華版となるという。カバーは公式イラストレーターの描き下ろし。価格等の詳細は不明だが、2014年1月26日の発売を予定している。

○コンプティーク11月号TVCM