AKB48島崎遥香さんの応援メッセージがカンペ丸読みのようでヒドイと話題 / ネットユーザー「こっちを見ろぉぉおおおッ!!」

写真拡大

2013年9月28日から10月14日の日程で、東京都で「スポーツ祭東京2013」が開催されている。これは、国体と全国障害者スポーツ大会の愛称であり、47都道府県を代表するアスリートたちが競技を行っている。

・カンペ丸読み?

大会を盛り上げるために、「ふるさと47応援プロジェクト」が実施されており、プロジェクトリーダーには著名人が就任している。AKB48島崎遥香さんもその一人。YouTube に応援メッセージが公開されているのだが、それがインターネットユーザーの間で話題になっている。というのも、カンペを丸読みしているようにしか見えないからだ。

・応援する意志は?

動画で島崎さんは、「ふるさとの代表選手を応援しましょう」とメッセージを送っている。しかし約40秒の間、最後まで一度もカメラに目を向けないまま、動画は終了してしまうのである。まるで、セリフの書かれたカンペをずっと読み上げているだけのよう。残念ながら彼女自身から応援する熱意は伝わってこない。

・ネットユーザーの声

「こっちを見ろおおおおおおお」
「これリハーサルじゃないのw」
「1周回って笑いがこみ上げてくるな」
「カンぺまるまま読んでるw」
「これはアカン」
「想像を絶する酷さでわろた」
「これすげぇ笑」
「何で人気あるのこの子」
「一回はカメラ目線お願いします」
「こういうの好きだわw面白すぎww」
「リハーサルか」
「ひどすぎわろ」

・大会の成功を願う

本当にカンペ丸読みだったのだろうか? もちろん、用意されたセリフを、上手に読むことも大切だ。しかし、カメラの方をチラリとも見ないのはちょっと……。せめて最後に、カメラ目線でニコリとしてもよかったのではないだろうか。とにかく大会が成功することを願うばかりだ。

参照元:YouTube


この記事の動画を見る