姉・木戸愛と妹・侑来、姉妹揃ってポーズ!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子オープン 事前情報◇2日◇相模原ゴルフクラブ・東コース(6,652ヤード・パー72)>
 3日(木)から開幕の「日本女子オープン」のフィールドをよーく見ると、やけに同じ苗字が目立つ。それもそのはず今大会には馬場ゆかり、由美子姉妹、木戸愛、侑来姉妹、堀奈津佳、琴音姉妹と3組の姉妹が出場している。同一大会で、しかもメジャーに3組の姉妹が出場するのは極めて異例だ。
フォン、日中関係気にしない!「日本のギャラリーは素晴らしい」
 指定練習日のこの日はそれぞれの姉妹がそろって同組で練習ラウンド。木戸愛は「久しぶりに妹のゴルフを見て私ももっと頑張らないとと思った」と刺激を受けた様子。妹の侑来は姉や姉のキャディからアドバイスももらいながら練習ラウンドをこなし「とりあえず予選通過を目指して頑張りたい」と意気込んだ。
 神奈川は姉妹にとって地元だけに、本戦中は父で元プロレスラーの修さんら家族も応援に駆け付ける予定。姉の愛は横浜CCで行われた昨年は優勝争いをしたものの最終日に崩れて涙を飲んだだけにリベンジに燃えている。
 堀姉妹の妹・琴音は滝川第二高のアマチュアで今年の日本ジュニアを制した逸材。姉妹が同大会に出場するのは初めてではないが今年に入っては初めて一緒にラウンドした姉・奈津佳は「飛距離が伸びててビックリした。体も大きくなっておおって感じ。時間はたっているんだなと思いましたね」と妹の成長に目を細めていた。
 馬場姉妹はツアーではおなじみだがこの日も和気あいあいとラウンド。姉・ゆかりは2011年大会以来の女子オープン2勝目へ気合いを入れ直した。ゴルフは個人競技なだけに試合となれば姉妹は関係ないが、幼いころから共に過ごしてきた2人が日本最高峰の舞台にそろって立つということはどのスポーツでもそうそうあることではない。互いに刺激を受けつつ姉妹での上位争いが実現すればまた大きな盛り上がりを呼びそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
宮里藍は2位Tで終戦、終盤に失速した理由とは
【舩越園子コラム】石川遼がファイナル4戦で学んだこと
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング