写真提供:マイナビニュース

写真拡大

野外労働をする人は、首筋が日焼けして赤くなります。野外労働は得てして軽んじて見られがちなので、そこから「教養のない人、貧しい田舎者」の意味になりました。南北戦争では、北部の人を「ヤンキー」、南部の人を「レッドネック」と互いに侮辱しあったと言われていますが、現在では南米からの移民に対しても用いられます。たいへん侮蔑的な言葉なので注意すべきですが、なかにはタフガイであることを表現するために、自虐的にこの言葉を用いる人もいるようです。

英会話スクール通いが難しい方へ

24時間予約不要のオンライン英会話だから、続けられる。まずは無料体験。