「BCNランキング」<最大パネル>をもとに作成

写真拡大

「iPhone 5s」と「iPhone 5c」を合算したキャリア別販売台数シェアで、ソフトバンクモバイル(ソフトバンク)がドコモ、auを押さえて発売2週目も首位をキープした。家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」が2013年10月1日、発表した。

他の2キャリアに10ポイント以上の差

発売1週目から引き続き、ソフトバンクが優勢だ。9月29日までの累計でのシェアは42.7%で、ドコモ(27.5%)とau(29.9%)の2キャリアに10ポイント以上の差をつけてリードしている。

ソフトバンクがトップに立った理由として、BCNでは初週の段階で、「2.1GHz帯と1.7GHz帯(イー・モバイル)が使える『ダブルLTE』を、今回それぞれ下り最大75Mbpsへ高速化したこと」など、ネットワーク強化への取り組みが結実したと分析していた。

実際、ソフトバンクは9月30日の発表会でも、プラチナバンド(900MHz帯)におけるLTEサービス(プラチナLTE)の開始を2014年4月に前倒しするなどの更なる施策も打ち出している。iPhone 5sと5cは900MHz帯のLTEに対応しており、実現すれば「トリプルLTE」となる。

集計期間は2013年9月23日から29日まで