写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本喫煙具協会は10月26日〜11月4日に、Tokyo Designers Week 2013にて「Next Lighter Design 2013 -未来のライターの姿を求めて-」を開催する。

○デザイナーによる未来のライター

シガレットライターやシガレットケース、パイプなどの喫煙具の姿は、機能性の追求や安全性の向上、意匠へのこだわり、個性の表現などで、これまで多様な変化を続けてきた。同展は、現代の喫煙具に求められていることを探り、未来のライターの可能性に挑むプロジェクトとなっている。

今回は、プロダクトデザイナー柴田文江氏と、インダストリアルデザイナー清水久和氏がデザインしたライターを展示。様々な視点からアプローチを試みデザインされた、未来のライターを公開する。

会場は、TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 Design Next/TENT内(東京都新宿区霞ヶ丘町2-3 明治神宮外苑絵画館前)。時間は、11時〜21時。入場料は当日大人2,500円。

(フォルサ)