祝! 2020年、東京五輪!! この決定の翌日、9月9日の日経平均は、ご祝儀もあって344円高。この勢いに乗って、1万5000円、1万6000円の2つの壁を超えてほしいっ。興奮さめやらぬ相場で「金メダル」を狙える銘柄をズバリご用意!


本命「アベノミクス」、対抗は人気ドラマで登場するフレーズ「じぇじぇじぇ」と「倍返し」。これは、マスコミ関係者の間で話題となっている今年の流行語大賞の大賞候補だ。年前半までアベノミクスの恩恵(?)に浸った株式市場だが、NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」とTBSドラマ「半沢直樹」の追い上げが著しいとのこと。2つのドラマはともに9月末をもって終了するが、「あまちゃん」は出演者が年末の紅白歌合戦に登場するだろうし、続編やスペシャル番組制作の噂まであり、その注目度は続きそう。

そうなると、新しもの好きの株式市場も黙ってはいないだろう。「あまちゃん」は、岩手県三陸海岸で海女をしていた主人公が、東京に戻ってアイドルを目指すというストーリー。岩手銀行は「あまちゃん」放映の経済波及効果を33億円と試算し、岩手県には観光客が大挙して押し寄せている。さらに、プロ野球の楽天イーグルスもリーグ優勝争いをしており、岩手と宮城の仙台は注目のホットラインとなっている。みずほ証券では8月にこの現象をレポートし「株式市場的には『あまちゃん』を東北復興、日本復活のシンボルとしてみなすことができよう」とまで持ち上げている。また、「アイドル」というキーワードに物色人気が波及することが予想される。あくまでも話題先行型の相場テーマで、企業に対する収益寄与度は未知数。しかし、昨秋にアベノミクス効果の今を予想する向きは少なかったはず。東北・アイドル関連は侮れない。

NHK朝の連ドラ関連5銘柄

【岩手銀行(東1・8345)】4415円(100株)
青森・秋田銀行とともに北東北トップ地銀3行のビジネス情報交換ネットワーク「Netbix」を展開している。

【ツルハホールディングス(東1・3391)】9110円(100株)
東北地域の売上高比率が比較的高いドラッグチェーン。PB商品展開でも業界をリードしている。西日本開拓中。

【パイプドビッツ(東マ・3831)】1560円(100株)
人気アイドル「AKB48」の総選挙投票システムの構築で注目。ネット選挙関連としても注目度大に。

【エムアップ(東マ・3661)】885円(100株)
アーティスト公式サイトやファンクラブサイト運営、ビクターのeコマースのサイト運営も受注。

【フェイス(東1・4295)】1万670円(1株)
携帯公式ファンサイト事業を行なうエンターメディアを今年100%子会社化した。日本コロムビアの筆頭株主。

※株価は2013年9月9日現在。東マ=東証マザーズ。PB=プライベートブランド。フェイスは10月1日より100株単位に変更。

今月の噴火目前株3連発!

1. エイベックス・グループHD(東証1部・7860)
第1四半期に好決算を発表した直後に大暴落。出尽くしといえばそれまでだが、「機関投資家が大規模に組み入れから外した」との指摘も聞かれる。驚くほど割安化した内需好業績株だが、一部には「同社コンテンツを活用した新サービスもそろそろ出てくるのでは」との声も。

2. JBCC HD(東証1部・9889)
3Dプリンター大手の米国スリーディー・システムズの販売代理店。8月より家電量販店最大手のヤマダ電機と組み、10万円台での販売を開始した。日本での3Dプリンター普及の?のろし〞は同社が上げる気配。同社の業績に与えるインパクトも多大!

3. ワイヤレスゲート(東証マザーズ・9419)
名だたる中小型株ファンドがこぞって買い集めているとされる銘柄。大量保有報告書から、フィデリティ投信による5%超保有が確認されている。無線ネット通信でシェアを拡大する企業で、時価総額(約120億円)の膨張余地大。

この記事は「WEBネットマネー2013年11月号」に掲載されたものです。