今年の春頃にテレビでも紹介され、流行語となった「激おこぷんぷん丸」。怒っているのか怒っていないのか、よくわからないこの言葉ですが、「おこ」→「まじおこ」→「激おこぷんぷん丸」→「ムカ着火ファイヤー」→「カム着火インフェルノォォォオオオウ」→「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」の3段階目の、とても怒っている時に使う言葉であるようです。

ギャルたちはこれらの言葉を使いこなしているそうですが、私たちの生活の中にも、意外とわからない「単位」や「数値」などの度合いが、多く存在するのではないでしょうか。

書籍『世界で一番おもしろい!「単位」の早わかり便利帳』では、そんなわかりにくい単位や数値が実用的・体感的にわかるようにまとめています。

■不動産情報の「徒歩10分」は、一体どのくらいの距離?
不動産のちらしなどで見られる「徒歩1分」。これは徒歩1分を「80メートル」と考えているようです。信号や坂道は考慮せず、1分未満の端数は1分として計算。そのため、「徒歩10分」とは720〜800メートルほどの距離となるようです。

■ご飯1膳分のエネルギーを消費するための運動量は?
次に、ごはん1膳分のエネルギー量を消費するために、必要な運動量。ごはん1膳は、235kcal。このエネルギー量を消費するためには、徒歩(分速75〜85m)で1時間30分が必要となります。また、やや速歩(分速93m)ならば1時間8分、階段の上りでは1時間15分、ランニング(分速134m)では31分、サイクリング(時速20km)では32分と、それぞれ時間がかかります。軽く食べたつもりのごはん1膳分を消費するには、それなりの運動が必要なのです。

■1GBのメディアに保存できる曲の数は?
なんとなく大きな容量だということはわかるかもしれませんが、それが音楽何曲分かといえば、即答できる人は少ないかもしれません。同書によれば、音楽(1曲約4分)を標準モードで録音した場合に約250曲分となり、高音質モードでの場合は約160曲分に相応するそうです。さらに、デジタルカメラの写真では、500万画素で約400枚、1,000万画素で約220枚分となるそうです。

■気温が15度の日に最適なのは、どんな服装?
正解はセーター。気温が12〜15度の時に最適な衣類はセーターなのです。「半袖」の目安となるのは、26度以上の時。21〜25度になれば長袖の着用が良さそうです。また、16〜20度の場合は、カーディガンなどで重ね着をすることをすすめています。11度を下回るようであれば、本格的にコートを着込むとよいとのこと。

体感温度は個人差によって異なるものですが、これからの季節に何を着るか判断する際の目安になるかもしれません。



『世界で一番おもしろい!「単位」の早わかり便利帳 (青春新書PLAY BOOKS)』
 著者:
 出版社:青春出版社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
日々、最高のパフォーマンスを発揮するための"疲労回復スナック"とは
東大入学の決め手は百人一首? わが子を天才に育てるには
「漫画ばかり読んでいたら馬鹿になる」は本当か?


■配信元
WEB本の雑誌