『アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』ポスタービジュアル ©2013『IID2』製作委員会

写真拡大

BiS主演の映画『アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』が、2014年1月11日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

全裸風PVやスキンヘッド姿のPV、ゴキブリをモチーフにしたアーティスト写真の公開や24時間耐久ライブなど破天荒な活動を展開しているほか、ノイズバンド「非常階段」とのコラボユニット「BiS階段」としても活動しているBiS。

同作は、音楽と映像のコラボレーション上映会『MOOSIC LAB 2012』で公開されたBiS主演の映画『アイドル・イズ・デッド』の続編にあたる作品。陰謀計画に立ち向かい、数々の苦難を乗り越えて再結成を目指すBiSの姿がブラックユーモアを交えて描かれる。また、350人以上のエキストラを起用したライブシーンなども見どころとなる。

キャストにはBiSメンバーのプー・ルイ、ヒラノノゾミに加えて、撮影後にBiSから脱退したテラシマユフ、ミチバヤシリオ、元バンドじゃないもん!のかっちゃんこと金子沙織、『SR サイタマノラッパー』シリーズでMC TOMを演じた水澤紳吾らが名を連ねている。