手術で後遺症 麻酔科医は無罪へ

ざっくり言うと

  • 業務上過失傷害罪に問われた麻酔科医の男性の無罪が確定した
  • 手術中に全身麻酔の患者の酸素供給が止まり、脳障害などの後遺症を負わせた
  • 横浜地検は「判決を覆すことは困難と判断した」と説明

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング