30周年モスキーノ 代表的なアーカイブがコレクションや限定グッズに

写真拡大

 「MOSCHINO(モスキーノ)」がブランド創立30周年を記念し、カプセルコレクションやアーカイブ作品を発表した。クリエイティブディレクターRosella Jardini(ロッセラ・ヤルディーニ)がブランドのアーカイブに新たな解釈を加えたバッグやTシャツ、iPhoneケースなどのアイテム10点のオンライン販売が開始。2014年春夏ミラノ・ファッションウィークで開催されたファッションショーでは、ブランドを代表するアイコニックなコレクションが披露された。

30周年「モスキーノ」限定コレクションの画像を拡大

 カプセルコレクションは、1983年にイタリアで創立した「MOSCHINO」が今年で30周年を迎えることを記念して制作された。Rosella Jardiniは、白や黒、赤のカラーパレットにハートやイタリアンフラッグ、ストライプやポルカドットといったモチーフを取り入れるなど、ブランドのアーカイブをベースに新たな解釈を加えてデザイン。サフィーレザーのバッグやゴールドチェーンをあしらったTシャツ、アイコン「ドメニカちゃん」が立体的にデザインされたiPhoneケースをはじめ、パフュームやクラッチバッグ、サングラス、スイムウェア、スカーフ、ベルトの10点を公式サイトで限定販売している。


 9月21日に開催された「MOSCHINO」のファッションショーでは、Rosella Jardiniが創立者フランコ・モスキーノに敬意を表してブランドの象徴的な作品を新たにデザインした4体のドレスがオープニングを飾った。中盤は、一人の女性の「善」と「悪」を表現したという2014年春夏コレクションを発表。フィナーレはGloria Gaynor(グロリア・ゲイナー)が「I AM STILL WHAT I AM」をライブで歌う中、過去にブランドのミューズとなったモデルらが登場し、1998年春夏のクエスチョンマークドレスや1987-88年秋冬のショッピングバッグドレスといった10体のヴィンテージルックが披露された。


■MOSCHINO 2014年春夏コレクション
 http://www.fashionsnap.com/collection/moschino/2014ss/