米No.1野球用品メーカー「ローリングス」が国内スポーツアパレル市場へ参入

写真拡大

 米ベースボール界でNo.1の野球用品メーカー「ローリングス」の日本法人ローリングスジャパン LLCが10月1日、スポーツアパレル市場への参入を発表した。トレーニングウェアの商品開発のノウハウを活かしたアクティブウェアライン「HOH ACTIVE(エイチ・オー・エイチ アクティブ)」を同日から全国の大型スポーツ用品店で販売。これまでグラブやバット、ユニフォーム等を販売してきたが、野球以外でも使用できる商品を拡充していく。

ローリングス、スポーツアパレル市場へ参入の画像を拡大

 「HOH ACTIVE(エイチ・オー・エイチ アクティブ)」は、商品特徴である動きやすさとデザイン性を重視したアクティブウェアで、トレーニングや野球のプレー後のアフターシーンでも着用できるよう、ライフスタイルに溶け込むデザインに仕上げたという。商品はウォームアップジャージ、ウォームアップパンツ、ウインドパーカーシャツ、ウインドパンツの全4型を販売。価格帯は5,900円から9,900円。「HOH ACTIVE」の販売に伴い、イメージキャラクターに市原隼人を起用。担当者は「自分に限界を作らず、俳優という仕事に取り組む姿勢が、ローリングスジャパンが掲げる『be Major』というブランドタグラインと相通じると思い、オファーしました」とコメントしている。

■ローリングス公式サイト スペシャルページ: http://www.rawlings.co.jp/special/hoh-a/index.html