婚活を成功させたい! お金をかけるべきポイントはどこ?

今回の相談者は「婚活の平均費用が知りたい」という、プクプクさん(仮名・32歳)。これまでは男性から告白してくれるのを待つタイプだったけれど、最近婚活に興味を持ちはじめたそう。婚活合コンにパーティ、結婚相談所と婚活のスタイルもさまざま。マネーの観点から見た婚活について、FP花輪陽子さんに聞きました。(取材・文/島影真奈美)
※プクプクさん後編はこちら

婚活にかかる費用の平均額を知りたいです

婚活に興味があるけれど、どこにどれぐらいお金をかければいいかわからずにいます。お互いの意見が合って、一緒にいて疲れない結婚生活が理想。いい人がいたら、今すぐにでも結婚したいと思っています。ただ、貯金は50万円未満とあまりなく、月々の収支も赤字にはならないけれど、いつも余裕がない状態。ムダ遣いをしているつもりはないんですが、趣味にお金がかかっているのが原因かも。婚活を成功させるためには、平均的にどれくらい費用がかかるものなのか、また重点的にお金をかけるべきポイントを教えてください。(プクプク/商社・卸/事務職/32歳)

【プクプクさんprofile】実家暮らし。手取り年収190万円、手取り月収15万円。不意にお金が必要になったときに慌てないよう、月3万円ぐらいずつ貯蓄にまわしているけれど、旅行など大きな出費があると手をつけてしまうこともしばしば。現在、自分名義の貯蓄は50万円未満。日常的によく買うのは缶コーヒー。毎日2本ほど仕事の合間に買ってしまう。また、韓国歌手のライブにハマっていて、同じツアーのライブに3回行くことも。週末は友人とカラオケや飲み会に行くのが楽しみ。

編集部 婚活に興味があり、平均費用が知りたいという、プクプクさん。かつてに比べると、身近になった感がある婚活ですが、いくらぐらいお金をかけている人が多いんでしょうか。

花輪 「婚活」とひと口に言っても、昔ながらの結婚相談所に登録するスタイルから、友だち同士の合コンや飲み会の延長線上にあるようなイベントまでさまざまで、かかる金額にもバラツキがあります。参加費無料〜数千円程度で気軽に参加できるものが増えている一方で、飲食費や洋服代など、参加費用以外の出費もかさみがちという話をよく耳にします。

編集部 手当たり次第に参加すると、生活が苦しくなる心配がでてきそうですね。

花輪 マイナビニュースのアンケートによると、婚活を始めるための初期費用は「5万円以上」という人が40%、「10万円以上」という人が27%を占めていました。ただ、最近は結婚相談所などでも、初期費用を抑え、コーディネート料やパーティ参加費などはオプション扱いというところが多いようです。

●大手結婚相談所 O社の場合
入会金 3万1,500円
活動初期費用 7万9,800円
(写真撮影、データ掲載、3カ月分の月会費を含む)

月会費 1万4,595円

(オプション)
担当アドバイザーによるコーディネート 2万1,000円〜
パーティ・イベント 500円〜

編集部 プロの力を借りて短期間で決められれば、かえって効率的なような気もしますが、長引くとかなりの出費になりそうですね……。

花輪 「年収800万円以上」「身長175cm以上」「土日が休み」など、結婚したい相手の条件がはっきりしている人は、結婚相談所を利用したほうが相手が見つかりやすい傾向があるようです。ただ、裏を返せば、自分も条件で厳しくふるいにかけられているということでもあります。

編集部 プクプクさんのように「意見が合い、一緒にいて疲れない結婚生活を送りたい」など、内面重視の場合に向いている婚活の方法は?

【次ページ】身近な「あの人」の紹介が狙い目!