サマンサモスモスが海外初の店舗を台湾に出店 3年で15店舗展開を計画

写真拡大

 クロスカンパニーのグループ会社キャンが展開するレディスブランド「SM2(サマンサモスモス)」が、海外初となるショップを台湾にオープンした。クロスカンパニーが培ってきた海外展開のノウハウを活用し、3店舗を一挙に出店。今後3年間で15店舗を出店する計画をしている。

サマンサモスモスが海外初の店舗を台湾に出店の画像を拡大

 「SM2」は現在国内に134店舗を展開しており、昨年12月にキャンがクロスカンパニーグループになったことをきっかけに、海外展開に着手。クロスカンパニーが培ったきた海外での小売プラットフォームを活用し、台中新光三越店、台北新光三越信義A11店、台北新光三越南西店の計3店舗を出店した。ブランドの認知拡大と同社グループの台湾での新規顧客の開拓するため、今後も台湾での出店を進めていくという。

 台湾での販売を手がけるのは、クロスカンパニーの現地法人であるCROSS TAIWAN LTD.。同社は現在クロスカンパニーの主力ブランドである「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」を21店舗、10代20代女性をメインターゲットとする「E hyphen world gallery(イーハイフンワールドギャラリー)」を13店舗、「YECCA VECCA(イェッカヴェッカ)」を2店舗、現地で展開している。