角川、アスキー・エンターブレイン・メディアファクトリー・富士見など子会社9社を吸収合併

写真拡大

株式会社KADOKAWA(以下:角川)は10月1日、グループの組織再編の一環としてこれまで子会社だった9社を吸収合併したと発表した。

【関連:「コンプティーク10月号」重版が10月上旬入荷!!!!!】

KADOKAWAHP


吸収合併されたのは、アスキー・メディアワークス、エンターブレイン、角川学芸出版、角川書店、角川プロダクション、角川マガジンズ、中経出版、富士見書房、メディアファクトリーの9社。
なお、今回の合併に関連して9社は解散。ただし、社名はブランド名として存続する。その他、各社がこれまで発行してきた月刊・週刊などの定期刊行物、レーベルなどもそのまま存続する。

今回の合併を記念して総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」では10月1日1日限定で、KADOKAWAの電子書籍全品を半額で発売する「オールカドカワフェア」を実施している。さらには、10月1日から3日まで、すべてのKODOKAWA作品を対象に1,000円購入ごとに500円分のBOOK☆WALKER専用WebMoneyをキャッシュバックするキャンペーンも同時開催している。

参考
株式会社KADOKAWA http://www.kadokawa.co.jp/
BOOK☆WALKER http://bookwalker.jp/ex/sp/all_kadokawa/?adpcnt=7qM_N3f