2013年9月29日に亡くなった作家、山崎豊子さんを惜しむように、インターネットのショッピングサイトのランキングではその作品が上位に顔を出してきている。

「山崎豊子さんコーナー」設置の大学も

楽天ブックスの「小説・エッセイランキング」の「リアルタイム」の部では、山崎さんが亡くなったことが報じられて一夜明けた10月1日午前に、代表作の一つ「華麗なる一族」の文庫版全5巻すべてが上位20位以内にランキング。また、アマゾンの「ベストセラー」文庫部門で、「運命の人(一)」が同日午前に20位に入り、午後になって19位にランクアップした。

ショッピングサイトのなかには、書籍とともに映画化、ドラマ化された作品のDVDなどを一緒に配置してアピールしていた。

また、SNSでは自分のページで、地元の図書館のウェブページで「山崎豊子」で検索した結果をリンクしているファンが少なからずいた。兵庫県の甲南大学はツイッターで、図書館の一角に「山崎豊子さんコーナー」を設置したことを告知。「この機会にぜひ手にとってみてください」と呼びかけていた。