写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プリンスホテルは長野県軽井沢町の「プリンスグランドリゾート軽井沢」 に、 プリンスホテルのフラッグシップブランド 「ザ・プリンス」 を冠した 「ザ・プリンス ヴィラ 軽井沢」が2014年7月8日にオープンする。

○クラブラウンジにケータリングサービスも

「ザ・プリンス」はプリンスホテルのフラッグシップブランド。現在国内では、ザ・プリンス パークタワー 東京、ザ・プリンス さくらタワー東京、ザ・プリンス 箱根、ザ・プリンス 軽井沢の4ホテルを展開。今回、国内5つ目となる「ザ・プリンス」ブランドのホテルとして、「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」が誕生する。

「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」は、アクティブシニア層の3世代利用やインバウンドの長期滞在など新しいニーズを想定するホテルとなる。ヴィラ宿泊者専用のサービス提供施設 「センターハウス」 と、長期滞在利用も想定した別荘型宿泊施設 「ヴィラ」で構成する。

センターハウスにはヴィラ専用フロントのほか、 宿泊者だけが食事や軽食・ドリンクなどを自由に利用できるクラブラウンジを備える。テラス席や個室スペースも用意し、犬同伴宿泊者向けに「愛犬お預かりサービス」も展開する(有料)。

新設するヴィラは20棟で、木の温もりを感じられる平屋建て、二階建て、二階建て温泉付の全3タイプ。3世代旅行に対応できるよう、ソファーベッド利用で最大6名が宿泊できる平屋建てと、最大8名が宿泊できる二階建てとなっている。バス・トイレは各寝室に配置し、外国人の宿泊にも対応できるよう、大型ベッドも設置する。

サービス面では、シェフが直接部屋に料理を提供するケータリングサービスも行う。メニューは、2014年夏は「フレンチコース」「寿司コース」「バーベキューコース」などを用意。また、ヴィラには電磁調理器や大型冷凍冷蔵庫も設置しているため、旅先で料理の腕をふるうこともできる。

さらに、テニス、 ゴルフ、 スキーなどの各種プライベートレッスン、 ガイドによるプライベートネイチャーツアーなども用意する。

(フォルサ)