シリアの中国大使館に迫撃砲弾

ざっくり言うと

  • 中国外務省によると、シリアの中国大使館に30日、迫撃砲弾が着弾した
  • 現地採用のシリア人職員が軽傷を負い、館内に軽い損傷があった
  • 国営新華社通信は、迫撃砲弾はシリア反体制派が発射したものだとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング