タイの携帯会社のCMが全世界で話題「号泣すぎる」

写真拡大

タイの携帯電話事業者TrueMoveHが制作したCM動画が世界中で話題を集めている。話題の動画は「Giving」。コンセプトは「見返りをもとめない与えることのすばらしさ」。

【関連:心配性な子猫の動画に全世界がメロメロ】

Giving


動画は、貧しい少年が薬を万引きして捕まったシーンから始まる。万引きされた店の主は「こんなもの(薬を)何するんだい」と少年をどつきながら怒鳴り散らす。少年はただポツリと一言「お母さんに……」。病気になった母のため少年は薬を万引きしたのだ。
その様子をたまたま見ていたとなりの食堂の店主。間に入って薬のお金を支払い助けてくれる。そして自分の店のスープとともに、少年に手渡すと少年はそれを握り締めお礼も言わず走り去ってしまう。

――30年後。
少年を助けた食堂のおじさんは、変わらず困った人を助けていた。そんなある日、おじさんは仕事中倒れてしまう。
病院のベッドで眠りつづけるおじさん。そばには泣き崩れる娘。そしてつきつけられる現実。おじさんを治療するには、とても高額なお金が必要になるのだ。

娘は病に倒れた父を思い、父が長年守り続けてきた店を売りに出すことにした。そんな矢先のある日の出来事。看護につかれ父の足元で眠ってしまった娘が目を覚ますと……。

そこには「0」になった治療費の請求書が置かれていた。
書かれていたメッセージには「すべての費用は30年前に支払い済み 三つの鎮静剤、及び、一袋の野菜スープによって 心よりの敬意を Dr.ブラジャーク・アルーントン」。そう、あの30年前に助けた少年が、その後医者になり、偶然にも担当医になっていたのだった。

 
この動画は世界中で評判が広まり、9月11日YouTubeに投稿されてから30日時点のわずか半月で1200万再生を突破している。動画URLも掲載しておくので、気になる方はぜひそちらから視聴して欲しい。
ちなみに、この動画、視聴する際は周りに人がいない時と場所をお勧めする。記者もうるうるしながらこの記事を書いているぐらいだから……。

【本家】TrueMoveH「Giving」:
http://youtu.be/7s22HX18wDY
日本語字幕付き:
http://youtu.be/oSVYQVYXn_E