●太陽の微笑み

(画像:「幻影ヲ駆ケル太陽」公式Webサイトより)
©sole;viola/Progetto 幻影太陽

<キャスト>
太陽あかり:門脇舞以
星河せいら:喜多村英梨
月詠るな:徳井青空
白金ぎんか:巽 悠衣子
エティア・ヴィスコンティ:遠藤 綾
アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット:井上喜久子
プリシラ・トワイライト:青木瑠璃子
メルティナ・メルヴィス:東山奈央
天道いつき/むつみ/ななせ:種敦美
ラプラス:堀井茶渡
シュレディンガー:井澤詩織
心崎冬菜:佐倉綾音
太陽ひなた:久川綾
ケルブレム:近藤隆
月詠せれな:小松未可子
永瀧の母:内野真生
リムロ:高橋未奈美
謎の少女:久野美咲

●ストーリー
占い師だった亡き母に憧れタロットカードに夢中な日々をおくる太陽あかり、12歳。伯父夫婦と従姉妹の4人で暮らす平穏な日常に、それはゆっくりと忍び寄る。

ある夜、就寝中のあかりを魔物が襲う。
苦しみもがく中、タロットカードが宙に舞い、あかりは異空間に入り込む。手に握られた剣、煌煌と輝く太陽のタロットカード。その瞬間、世界が真っ白になり……

……覚醒したあかりが連れて来られたのは、セフィロ・フィオーレというタロット使いたちの育成機関だった隊長のエティアと副長のアリエル率いる部隊で特訓を受けることになったあかりは、新人部隊の仲間たち、せいら、ぎんか、るなの4人のチームで活動を開始することに激しい闘いの日々の中で、少女たちは戸惑いながらも、自分の運命と向き合っていくが……
●前回までのあらすじ
繰り返されるあの日の世界。太陽あかりは毎回のように心崎冬菜のケルブレム化を防げず殺害してしまう結果になってしまいます。それでも繰り返されるあの日、太陽あかりは憔悴しきってしまい…。
●心崎冬菜、浄化される!
白金ぎんかの復活。彼女は現世から消滅した後も、影のダエモニアと戦い続けていたようです。それを救った太陽あかりの声。

太陽あかり「私は冬菜と解り合いたい。」

太陽あかりにとって最後の夜、心崎冬菜はダエモニアと化してしまい太陽あかりを殺害しようとします。そのとき心崎冬菜の心の声が…。

太陽あかりがダエモニアと化した心崎冬菜を殺害してしまう結果はかわらないけれど、彼女に心の声を聞いてもらえた心崎冬菜は浄化されてしまいます。

ケルブレム「残念だよ。太陽あかり。君を殺す事になろうとは。」
●ケルブレム、最終決戦!
ケルブレム「君が死ねばダエモニア繁栄の道がまた一歩広がる。太陽のカードは永遠に失われ22枚揃わなくなる!」

そんな太陽あかりの危機に駆け付けたのは、エティアとアリエルが召喚した幻影。そして太陽あかりの救出に成功します。

そして、ケルブレムは太陽あかりの心の中へ語りかけますが…。

太陽あかり「光と影、両方あるのが人間だよ。失敗してもやり直せる!」

ケルブレムは自らをダエモニアと化して太陽あかり達に最終決戦を仕掛けます。しかもケルブレムが所持しているタロットカードは太陽、もしや…。
●一つの終着点を迎えた
太陽あかりはケルブレムに対して止めを刺そうとします。そしてケルブレムのカード「太陽」に対して止めを刺しますが…。

意思のあるダエモニア、それを封印することで太陽あかりは消滅する事無くケルブレムを倒せたのです。

白金ぎんかと月詠るなが戻ってきて、そして新しいセフィロ・フィオーレの建造も順調。太陽あかり達4人は海外支部への出張と大忙し!

太陽あかり達の今後は…。

「幻影ヲ駆ケル太陽」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第12話「太陽あかり、繰り返されるあの日」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第11話「太陽あかり、出生の秘密」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第10話「太陽あかり、全てを失う。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第9話「月詠るな、ダエモニアに!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第8話「白金ぎんか、消滅する!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「幻影ヲ駆ケル太陽」TVアニメ公式Webサイト