WS000003

体調悪いのに東京ゲームショーに電車で行こうとしたら

乗り物酔いで気持ち悪くなって

しぶしぶ神楽坂駅で降りたら

ちょうどお祭りをやっていたので

巨大たこやきを無理して食べて

おうちへ帰りました。

 

こんにちは、おしぃです。

 

家に帰ってからは

東京ゲームショーに思いをはせつつ

横になってスマホをいじってました。

(つまりいじけてた・・・)

何気なくアプリの一覧を眺めていると

こんなキャッチコピーが目に飛び込んできました。

 

「ゲームとコミックが両方楽しめる新しいジャンルのアプリです。」

 

新しい・・・ジャンル・・・?

こ・・・これは・・・入れねば・・・!!

具合が悪いのも忘れて

さっそくインストールしてみました。

 

Imaginary Range

実に惜しまれるのは、

実際の中身は日本の会社が作った

日本語バリバリのアプリにも関わらず

タイトルが英語であることです。

アイコンとタイトルだけでは

このアプリの良さがいまいちわかりません。

いや〜、実にもったいない・・・

キャッチコピーにあった通り

実際にフルカラーの漫画が読めるのですが

アニメ調でありながらアメコミを意識したような雰囲気で

丁寧に描き込んであり、満足度は高いです。

そして読み進めていくと

漫画の合間にミニゲームが出てきます。

このゲームは進める事で

タイトル画面からいつでもミニゲームだけでも

遊べるようになり、

そこも読み進めるモチベーションアップに一役かっています。

全体的に漫画がメインであることと

クオリティが高すぎるため、

ここで書きすぎるとネタバレになりそうで

特筆し辛いのですが

通常画面も縦持ちですし

基本、片手操作メインですので

通勤時に遊ぶ(読む?)にはもってこいなのではないでしょうか?

 

■「Imaginary Range」のダウンロードはこちら↓

【iPhone】

https://itunes.apple.com/jp/app/imaginary-range/id429362380

【Android】

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.squareenix.android.imaginaryrange