写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都はこのほど、短文投稿サイトのTwitterが開始した新しいスマートフォン向けサービス「Twitterアラート」に参加し、緊急時における防災情報の提供を開始した。

Twitterアラートは、地震や台風といった災害が発生した際、スマートフォンでTwitterを利用している人に、事前登録した公共機関などによる重要なツイートをタイムライン上にポップアップで表示するサービス。ツイート通知はモバイル端末で受け取ることができる。東京都からは、総務局総合防災部(@tokyo_bousai)、警視庁(@MPD_bousai)、東京消防庁(@Tokyo_Fire_D)が参加する。

Twitterアラートを利用する場合は、「東京都防災Twitter」をフォローした上で、Twitterアラートの登録を行う必要がある。登録はTwitterWebサイトまで。

同サービスにはこのほか、日本気象協会、TOKYO FM、米国のFEMA(連邦緊急事態管理庁)、CDC(疾病予防管理センター)、ニューヨーク市、韓国のソウル市などが参加している。

(御木本千春)