パーソナルドリップ(1杯簡易抽出)型の「スターバックスオリガミ」を発売

写真拡大

"スターバックスのコーヒー"を家庭でもオフィスでも――。スターバックス コーヒー ジャパンは2013年10月1日から、パーソナルドリップ(1杯簡易抽出)型の製品「スターバックスオリガミ」を全国の店舗で販売する。同社は家庭用のアイテム拡充を進めている。

オリガミは、店舗で提供しているドリップコーヒーと同じ基準で調達、焙煎したアラビカ種のコーヒー豆を使用。家庭用に最適な挽き具合や分量を追求して製品化した。折り紙のようにたたまれたドリップ用パックを広げてカップの上に組み立て、お湯を注ぐだけの手軽さで香り豊かなコーヒーが味わえる。

ラインアップは3種類

オリガミの開発は、米スターバックスの担当者が日本のドリップタイプのコーヒーを味わったことがきっかけ。日本の「おもてなし精神」が発揮された1杯ずつ丁寧に抽出する製法に、「一人ひとりのお客を大切にする」同社の理念が重なり、共感を呼んだという。

オリガミのラインアップは3種類。「スターバックス ライトノートブレンド」は、ココアやナッツがほのかに香り、ほど良い酸味が味わえる。「パイクプレイス ロースト」は丸みを帯びた口あたりとなめらかな後味が特徴。パイクプレイスは、スターバックス1号店がある米シアトルの「パイクプレイスマーケット」からとった。「カフェ ベロナ」はロースト感のある深みや甘みと、しっかりしたコクの奥行きのある豊かなブレンドに仕上げた。

価格は、それぞれ6パック入りが700円。3種類が1パックずつ入ったアソートセットが400円。

オリガミが発売される10月1日には、全国のスターバックス店舗で、抽出体験と試飲ができる「テイスト・ザ・ドリップ」を開催。約2万人にいるスターバックスのバリスタのうち、年1回の社内試験に合格し、その証明に「ブラックエプロン」を身につけたブラックエプロンバリスタが、おいしいコーヒーのいれ方のコツをアドバイスする。お店のスタッフが着用しているグリーンエプロンを着けて体験できる。

また9月27日から全国12都市の特設会場で、オリガミ試飲会やコーヒーをおいしく入れるコツの実演を交えたイベントを実施している。詳しくはスターバックスのHPで。