透明感のある歌声で圧倒的な存在感を放つ、シンガーソングライターの安藤裕子が大泉洋と初共演/[c]2014「ぶどうのなみだ(仮)」製作委員会

写真拡大

2014年秋公開予定の映画『ぶどうのなみだ(仮)』に、大泉洋・染谷将太に加え、シンガーソングライターの安藤裕子がヒロイン役で出演することが決まった。

【写真を見る】『しあわせのパン』製作スタッフが今度は北海道の“ワイナリー”を舞台に描く新作/[c]2011「しあわせのパン」製作委員会

本作は、2012年1月に公開され、小規模の公開ながら興行収入3.8億をあげる大ヒットを記録した『しあわせのパン』のスタッフが大泉洋を主演に迎えて贈る“北海道企画”第2弾。舞台を前作の洞爺湖・月浦に たたずむ“パンカフェ”から、空知(そらち)地方の“ワイナリー”に移し、四季折々の美しい大地の風景はそのままに、ちょっぴりビターで豊潤な家族と愛の物語だ。

シンガーソングライターとしてのデビュー前に、「池袋ウエストゲートパーク」等のドラマ・映画出演作があるものの、本作が久々の演技披露となる安藤裕子は、かつて憧れた映画の世界に、「私も映画が好きだと自信を持って言えるよう、ガムシャラに走るのみです」と、気合十分で臨んでいる。初共演となる主演の大泉洋も、「凄くナチュラルで普通の雰囲気を持っていながら、カメラの前に立つと息を飲むほど美しく鮮烈な印象を残す」と、その魅力を語った。

本作は、9月15日に北海道でクランクインし、現在、オール北海道ロケを敢行中で、12月中旬にクランクアップ予定。2014年秋に全国公開となる。【Movie Walker】