ピカチュウや空港係員がラストフライトを見送った

写真拡大

人気ゲーム「ポケットモンスター」(ポケモン)に登場するキャラクターをデザインした全日空(ANA)の「ピカチュウジャンボ」が2013年9月で退役することになり、9月30日、ラストフライトが行われた。フライトは羽田と那覇を往復。往路の羽田空港第2ターミナルでは、空港係員やピカチュウの着ぐるみが見送った。

ANAは、ポケモンのキャラクターをデザインした「ポケモンジェット」を1998年に初めて就航させた。ボーイング747-400型機や767型機など多数の機体が活躍した。今回退役する747-400型機の「ピカチュウジャンボ」は04年に就航し、国内の主要空港を結んできた。ポケモンジェットとしては、777-300型機の「ピース★ジェット」が引き続き活躍する。

また、ANAでは、「ピカチュウジャンボ」を含めて4機の747を保有しており、14年3月までに全機が退役する。

9時過ぎに、那覇行きのNH127便が修学旅行生らでほぼ満員の乗員乗客568人を載せて羽田空港を出発。折り返し便のNH126便は14時45分頃に羽田に到着予定。