被災地の職員、5ヶ月で147人休職

ざっくり言うと

  • 震災被災地の自治体職員がうつ病など心の問題で休職するケースが相次いでいる
  • 8月までの5か月で147人が1か月以上の長期休職をしている
  • 復興事業の本格化で自治体業務は拡大し、職員の負担が増しているため

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング