西島秀俊が逃げる天才科学者、日韓合作のアクションサスペンス主演。

写真拡大

第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞受賞を受賞した小説「ゲノムハザード」(司城志朗/小学館文庫)が原作のアクションサスペンス「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」が、2014年1月24日に全国ロードショー公開されることが決定した。

ある日石神武人(いしがみたけと)は、自宅で殺された妻を発見する。呆然としながら突然鳴った電話に出ると、その電話は傍らで冷たくなっているその妻からの電話だった――。この日を境に、彼は警察を騙る男たちに追われるようになる。“敵か味方かわからない女記者”や“自分の妻を装う女”に出会い、そして彼が辿り着いた真実、それは―自分の記憶が“上書き”され何者かに奪われたということ。ある天才科学者が“上書き”された記憶に隠された衝撃の真相に辿り着く5日間――。

バイオテクノロジーとミステリーを融合した本作。映画版では舞台が日本と韓国に広がり、息つかせぬ展開で西島秀俊演じる主人公が駆け抜ける。すべての複雑に絡み合った謎が一気に解け、衝撃の事実が明かされるクライマックスは圧巻だ。

愛する妻の死と上書きされた記憶の真相を追う主人公を演じる西島のほか、キャストは主人公の前に現れる敵か味方かわからない女性記者に新進女優キム・ヒョジン、主人公の妻を装う女・美由紀に真木よう子を起用。

パク・チャヌクのもとで助監督を務め、2006年公開のデビュー作「美しき野獣」が高く評価されたキム・ソンス監督がメガホンを執る。

本作について西島は「キム・ソンス監督と初めてお会いしたときに、映画に対する情熱と愛情を強く感じ、ぜひご一緒したいと思いました。脚本はとても複雑な構造をしていて、サスペンス、アクション、恋愛など多くの要素が詰まっています。役のキャラクターもとても難しく、この脚本に挑戦したいと思いました。監督はどんなシーンも深く、丹念に演出します。それはアクションシーンでも、繊細な演技が要求されるシーンでも変わりません。俳優とスタッフを信じ、一緒に役を作って下さる監督です。肉体的にも精神的にも本当に大変な撮影でしたが現場の集中力がとにかく高かったので、数々の素晴らしいシーンが、生まれたと思っています。観客の皆さんに楽しんでもらえるよう全身全霊を込めて演じました」と撮影を振り返った。

また、新進女優のキム・ヒョジンは「西島さんは、演じることや映画に対して本当に熱い情熱を持っている方でした。過酷なスケジュールのなか、大変なアクションシーンや寝られない日々が続いても、つねに意欲的で、現場を楽しんでいる姿は、周りに大きなパワーを与えていました。共演できたことに誇りを感じています。またキム監督は、常に現場でベストを尽くせるよう、配慮してくださる方でした。日韓のスタッフを一つにまとめ、ぶつかり合うこともなく、1日の撮影が終わるたび、すべてのスタッフに日本語と韓国語で『お疲れ様でした』と言っていた監督の姿は今でも忘れません。最高のスタッフと俳優さん、そして監督に恵まれた今回の作品は、一生忘れることができないと思います」とコメント。

真木は「監督・スタッフのほとんどが韓国の方という、日本の現場とは違う環境の中でチャレンジしたかったです」と語っている。

そして最後にキム・ソンス監督は「日本の俳優、スタッフから感じた共通点は、とてもプロフェッショナルな姿勢を持っているということ。スタッフたちは、数え切れないほどの確認の過程を通して、間違いがないように進めていました。役者陣も、撮影前にキャラクターを細かく分析しようとしていたのと、現場での集中力が印象的でした。特に、西島秀俊さんの作品に対する熱意は感動的なレベルでした」と素晴らしい熱量を持った現場だったと回顧。