英国パン屋連合がトーストの香りがするフレグランス発表

写真拡大

 英国パン屋連合が、9月に行われたロンドン・ファッションウィークに合わせ、トーストの匂いがするフレグランス「EAU DE TOAST」を発表した。パンをはじめとする炭水化物抜きダイエットの流行を問題視し、女性に朝食を摂ることの大切さをアピールするために製作したという。

トーストの香りがするフレグランスの画像を拡大

 「EAU DE TOAST」は、パンの魅力を再認識してもらうことを目的とした英国パン屋連合のキャンペーン「The Slice of Life」の一環として企画された。キャラメルがほのかに香るトップノートに続き、ベースノートではほろ苦い麦芽の香りを取り入れて焼きたてのトーストを表現している。

 「EAU DE TOAST」を手がけたディレクターGordon Polson氏は、今回の取り組みを通じて「朝食やパンを食べることのメリットについて知ってもらいたい」とコメントを発表。「EAU DE TOAST」の取り扱いは現在イギリスのみで、公式サイトでは品切れ状態が続いている。

■英国パン屋連合
 http://www.bakersfederation.org.uk/