仏VOGUE元編集長カリーヌ・ロワトフェルドのドキュメンタリー映画公開へ

写真拡大

 フランス版「VOGUE(ヴォーグ)」の元編集長カリーヌ・ロワトフェルドを題材とした初のドキュメンタリー映画「マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ」が、来年4月に日本で公開される。トム・フォードやカール・ラガーフェルドら多数のファッションデザイナーに「ミューズ」として愛され、59歳を迎えてもなお一線で活躍するカリーヌ・ロワトフェルドの素顔に迫る。

仏VOGUE元編集長のドキュメンタリー映画の画像を拡大

 18歳でモデルとしてファッション界に入ったカリーヌ・ロワトフェルドは、その後フランス版「VOGUE」誌の編集長を2001年から10年間、また現在は「Harper's BAZAAR(ハーパース・バザー)」のグローバル・ファッション・ディレクターや自身が創刊した新雑誌「CR Fashion Book(CR ファッション・ブック)」の編集長を務めている。

 「マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ」は、2014年春夏コレクションを発表したニューヨーク・ファッションウィークに合わせ9月11日にアメリカで初公開された。同作は母や妻、そして編集者としての顔を持つカリーヌ・ロワトフェルドにスポットを当て、ドナテッラ・ヴェルサーチやカール・ラガーフェルド、カニエ・ウェストといった多数の著名人たちとの交友関係も紹介する。

■マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ
 監督:ファビアン・コンスタン
 出演:カリーヌ・ロワトフェルド、ステファン・ガン、カール・ラガーフェルド、トム・フォード、リカルド・ティッシ、ドナテッラ・ヴェルサーチ、ダイアン・フォン・ファステンバーグ、アレクサンダー・ワン、ジャンポール・ゴルチェ、ジョージ・アルマーニ、アルバー、エルバス、ブルース・ウェーバー、リンダ・エヴァンジェリスタ、ステファニー・シーモア、ケイト・アップトン、ララ・ストーン、カロリナ・クロコヴァほか
2014年4月 全国公開
 ]http://mademoiselle-movie.com/