うれしいツアー初優勝のイ・ナリ(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日◇29日◇利府ゴルフ倶楽部(6,498ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の最終日。首位タイから出たイ・ナリ(韓国)が3バーディ・1パットの70でラウンド、スコアを2つ伸ばしトータル5アンダーでツアー初優勝を挙げた。途中、宮里藍が猛チャージをかけ、一時は4打差をつけられたが、終盤に失速。手堅い内容にまとめたイが1打差で逃げ切った。

 日本ツアーに参戦して6年、ようやく悲願の初優勝を挙げたイ。「長かったです。でも、まだ夢をみてるみたい」と表彰式を終えた後の優勝インタビューで万感の思いをこめて話した。これまでに何回もチャンスを逃し涙を飲んできた。今季はこの大会までに7回トップ10以内でフィニッシュ、先週の「マンシングウェアレディース東海クラシック」でも初日は首位に立つなど好調でいつ勝ってもおかしくない状況だったが、やっと勝つことができた。
 イは世界で活躍するインビー・パーク、申ジエと同級生。ゴルフを始めたのが中学2年と遅く、2人は雲の上の存在だったが、この勝利で自分のゴルフに自信を持つことができた。「やっと1勝出来たので、これから次を狙いたいです」。ラウンド中、笑顔でいることが多い癒し系の韓流美人プロ。この1勝を機に人気にも火がつきそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
「ダンロップ女子オープン」、最終日最終組は初優勝を狙う海外勢3選手に
藍、グリーン上で苦戦し6位Tに後退、3打差は「あってないようなもの」
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング