●明日への絆

(画像:「超次元ゲイム ネプテューヌ」公式Webサイトより)
© 2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会

●キャスト
ネプテューヌ:田中理恵
ベール:佐藤利奈
ノワール:今井麻美
ブラン:阿澄佳奈
プルルート:花澤香菜
コンパ:酒井香奈子
アイエフ:植田佳奈
イストワール:かないみか
マジェコンヌ:たかはし智秋
ワレチュー:ニーコ
ネプギア:堀江由衣
ユニ:喜多村英梨
ロム:小倉唯
ラム:石原夏織
ピーシェ:悠木碧
キセイジョウ・レイ:小林ゆう
アプネス:庄子裕衣
アノネデス:藤原祐規
コンピュータ審査官:櫻井浩美
がすと:桑谷夏子
日本一:水橋かおり
5pb.:nao
RED:伊藤かな恵

●ストーリー
ここは、ゲイムギョウ界。「女神」と呼ばれる存在が国を司る、現実とは異なる世界である。四人の女神が統治する四つの国家の名前は、プラネテューヌ、ラステイション、ルウィー、リーンボックス。

各国の間では、女神の力の源「シェア」をめぐる争いが、長年にわたって続けられてきた。しかし、互いの国力をいたずらに削る状況を危惧した女神たちは、シェアを武力で奪うことを禁じる「友好条約」を結ぶ。

友好条約のもと、新たな関係への一歩を踏み出す四人の女神たちと、その妹たち。ときに笑い合い、ときにぶつかり合い、ときに手を取り合う、カラフルな日々の幕が開ける。ゲイムギョウ界には、どんな明日が待っているのだろうか――。
●シェアエナジー吸収
キセイジョウ・レイ「全然、効きません〜!」

キセイジョウ・レイと戦うネプテューヌ。しかも、キセイジョウ・レイがシェアエナジーを吸収しているためネプギア達も急激にパワーダウンしてしまいます。

そして遂にネプギアがその場に倒れてしまいます。
●タリ・ショック
ネプテューヌ「ノワール、来てくれたの!」

ネプテューヌの危機を察知したノワール達が駆け付けます。

キセイジョウ・レイ「流石に4人は鬱陶しいわね!」

急激にシェアエナジーを吸い取られるノワール達。ブラン、ロム、ラムがやってきて辛うじて窮地を抜け出しますが…。

※キセイジョウ・レイは元々は「タリ」国の女神。しかし、その国は「タリ・ショック」と呼ばれる大不況により急激にシェアを失い滅びてしまったのです。そして、彼女は他国のシェアエナジーを吸収する事で復活したのです。

キセイジョウ・レイ「エナジー、再充電!」
ネプテューヌ「これ以上、好きにさせない!」

ネプテューヌの一撃でキセイジョウ・レイのシェアエナジー吸収装置は破壊されてしまいます。

キセイジョウ・レイ「残ったシェアエナジーだけで世界の半分を軽く消し去る事くらい出来るのよ!」

キセイジョウ・レイに対抗するネプテューヌ達女神。そして、その結果は…。
●友好条約破棄!
キセイジョウ・レイ「こいつ等だけでも吹き飛ばしてやる!そしていつか世界も…。」
マジェコンヌ「それは困る。世界はいつか私のものにするのだ!」


何とマジェコンヌがキセイジョウ・レイの持っていたシェアエナジーをアンチ・クリスタルで粉砕してしまいます。

ネプテューヌ「あ、ありがとう。」
マジェコンヌ「ほんの気まぐれだ!」


キセイジョウ・レイはそのまま女神としての能力を失い、元の気弱な眼鏡っ娘になってしまいます。

それから数日後、式典を開くネプテューヌ達。そこで、

ネプテューヌ「本日をもって友好条約を破棄しま〜す!」

何て事をっ!と思いきや、

ネプテューヌ「もう私達、仲良しでしょ!」

※ネプテューヌらしいと言えばらしいですね!

「超次元ゲイム ネプテューヌ」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第11話「キセイジョウ・レイ、解禁!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第10話「さよなら、プルルートとピーシェ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第9話「女神ピーシェ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第8話「放送コードに挑戦!R18アイランド!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第7話「アイエフ、茄子地獄!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「超次元ゲイム ネプテューヌ」TVアニメ公式Webサイト