運転は強・中・おやすみの「3種類の自動モード」から選べる!

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、本体の高さが約37センチのコンパクトな空気清浄機「CAF‐R35」を2013年9月中旬に発売。

リビングをはじめ、子供部屋や寝室など幅広く

従来機種(CAF‐N35、2011年モデル)よりも11センチ低くなった、高さ37センチのコンパクトなデザイン(幅40センチ、奥行き13.5センチ)ながら、適用床面積は16畳まで可能。リビングをはじめ、子供部屋や寝室など幅広く使える。

運転は、強・中・おやすみの「3種類の自動モード」から選べる。また、4層構造の一体型フィルターは「プレフィルター」「エアフィルター」「高性能集じんフィルター」「脱臭フィルター」からできていて、このうち「エアフィルター」は、花粉やダニの死がい、菌やカビの働きを抑える。

色はホワイト。オープン価格。