白い文字板にブルー秒針を使った新色2モデル

写真拡大

セイコーネクステージ(東京・中央区)は2013年9月中旬、ISSEY MIYAKEウォッチ プロジェクトから、カーデザイナー和田智氏による「W(ダブリュ)」シリーズに、白い文字板にブルー秒針を使った新色2モデルを発売。

静寂の夜明けの空をイメージしたサイレント・ブルー

「W」シリーズは、自動車の計器類やアルミホイールなどからインスパイアされた文字盤やケースなど、カーデザインの要素を取り入れている。その一方、無駄のない落ち着いたダイアルデザインなど、日本のミニマルな美しさも追求したクロノグラフウオッチ。

今回追加するのは、白基調の文字板に、静寂の夜明けの空をイメージしたサイレント・ブルーの秒針を組み合わせたモデルだ。クロノグラフ計測時の針の動きや操作ボタンのクリック感など、機械式ウォッチを再現したメカ式帰零センター秒針を採用した。

価格は、バンドがステンレススチールのタイプが4万5150円、ナチュラル皮革のタイプが3万9900円。