朝倉あき

写真拡大

[シネママニエラ]高畑勲監督14年ぶりの新作アニメーション映画『かぐや姫の物語』で、ヒロインのかぐや姫の声を務めた女優の朝倉あきが、スタジオジブリの西村義明プロデューサー(以下、西村P)と鈴木敏夫プロデューサー(以下、鈴木P)と一緒に中間報告会見に出席し、印象的なセリフを発した際の心境などを語った。

鈴木Pによれば「日本最古の物語とも言われる「竹取物語」通りのストーリーを高畑さんはやっている。実に素直に、かぐや姫がその時どう思ったのかを大事に描いている。そのためどこで差を出すかというと表現しかない」と分析。だが、企画がスタートしてから4年半を費やして完成した絵コンテは、本編の約30分相当という危機的?状況。それを打破すべく、問題点となる「かぐや姫はどんな子?」というイメージが必要だとして、ヒロインの声優オーディションを行ったという。そこで選ばれたのが朝倉だ。

「平安時代に現代の子を放り込んだら彼女はどう反応するだろうか?」とのコンセプトを明かした西村P。朝倉はオーディションの際は、実力を発揮できなかったことを振り返り、その日の「駅までの帰り道は泣きながら」だったとまで明かす。しかし、高畑監督は「悲しみ方が良かった。声に意思が宿っている。彼女なら可能性がある!」と抜擢した。

朝倉が声を録ったのは遡ること約2年前。これは(画の完成前に声優の声を録る)プレスコ手法と言い、制作スタッフはその後、朝倉の声=かぐや姫として聞き続けて作業工程を進めた作品というわけだ。「オーディションから2年経った今、やっと(かぐや姫が)分かってきました」として、「絵コンテを見ながらの声入れは、『どういう人物なんだろう?』と想像しながらやりました。あれから2年経って、先日改めて観た時に、自分の中で何か成長があったのか、かぐや姫の悲しい部分が自分の中に入ってきました」と吐露する。

こちらの『かぐや姫の物語』朝倉あき「わたしは誰の者にもならない」 続きはシネママニエラにて

日本公開=2013年11月23日
配給=東宝
公式サイト=http://kaguyahime-monogatari.jp/
c2013 畑事務所・GNDHDDTK

久石譲
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2013-11-20




南樹里のシネママニエラ