写真提供:マイナビニュース

写真拡大

漫画誌『ヤングアニマル』(白泉社刊)で現在連載中の人気漫画『3月のライオン』の作者・羽海野チカが、入院・手術、療養のため、しばらく休載することが明らかになった。27日発売の『ヤングアニマル』19号の誌面上で発表されている。

同誌編集部は、誌面に「休載のお知らせ」を掲載。「羽海野チカ先生の入院・手術・療養の為、3月のライオンはしばらく休載いたします。連載再開は年内の予定です。詳細が決まりましたら、誌面にてお知らせいたします」と説明している。病名等は明かされていないが、年内の連載再開を予定しているという。休載についてツイッターなどのSNSでは、「本当に心配」「これを機にゆっくりしてほしい」「早く良くなりますように」など、羽海野を心配する声が多くあがっている。

なお、同誌には羽海野と親交のある三浦建太郎、森恒二、吠士隆による鼎談「羽海野チカを語る集い」や本作の大ファンだというアイドルグループ・SKE48の松井玲奈のグラビアも掲載。さらに、本作のキャラクターが描かれたオリジナルチケットホルダーが特別付録として封入されるほか、同日に発売された最新巻『3月のライオン』9巻の続きを読むことができる。

さらに、コンビニエンスストアを中心に展開しているハズレなしのキャラクターくじ「一番くじ」の最新作『一番くじ 羽海野チカの部屋 〜3月のライオン〜』が、同日より各書店にてスタートしている。

(C)羽海野チカ/白泉社