さすが“メジャーチャンプ”のY・E・ヤン2位に浮上!2番グリーン右のバンカーからサードショット!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<アジアパシフィック パナソニックオープン 3日目◇28日◇茨木カンツリー倶楽部(7,328ヤード・パー71)>
 「アジアパシフィック・パナソニックオープン」の3日目。強く吹いた風と厳しいピンポジションで多くの選手が伸び悩む中、09年「全米プロゴルフ選手権」覇者のY・E・ヤン(韓国)が1イーグル・3バーディ・3ボギーの“69”で回り、トータル5アンダーの2位タイに浮上を果たした。明日ヤンが逆転優勝を果たせば、2006年のサントリーオープン以来の日本ツアー通算5勝目となる。
Y・E・ヤンのプロフィール&成績
 「今日は風とピンポジションが難しかった。特に8番と11番はクレイジーだったよ」と多くの選手と同様に苦しむ展開の中、最後に見せ場を作った。18番パー5のセカンドでユーティリティを振りぬくとボールはピン手前1.5メートルにピタリとついた。同組で回った貞方章男も、「最後はユーティリティをカット気味にうまく打っていた。勉強になる」とうなるスーパーショット。韓国の後輩でもある首位のS・J・パクに2打差に迫る会心のイーグルフィニッシュに右拳を握りしめた。
 ヤンは国内ツアー4勝の実績を引っさげて07年から米ツアーに本格参戦。09年には「全米プロゴルフ選手権」で単独首位からスタートしたタイガー・ウッズ(米国)を逆転してアジア人初のメジャーチャンピオンとなった。今年12月に行われる、アジア欧州対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」ではアジア選抜のキャプテンを務めることも決定している。
 ロイヤルトロフィでは自身はプレーしないものの、アジア最強決定戦での優勝はキャプテンとしての存在感を示す絶好のチャンスともいえる。「最後はイーグルが獲れて気分が良かった。明日また頑張ります」と08年以来の国内参戦で久々の勝利へ向けて、第一人者は気持ちを入れなおしていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
Y・E・ヤンらが参戦!国際色豊かなフィールドに井戸木、アマ大堀らも出場
松山英樹が決意の出国、米ツアーの戦いで被災地支援を宣言!
遼、終盤落とすも3アンダー15位タイで決勝ラウンドへ!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング