映画「悪の法則」にアルマーニが衣装協力 マイケル・ファスベンダーとペネロペ・クルスが着用

写真拡大

 GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)が、11月15日から全国で公開されるサスペンス映画「悪の法則」で衣装協力を行った。「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」コレクションを主役のマイケル・ファスベンダーに、「GIORGIO ARMANI」 コレクションを主役の婚約者役を務めるペネロペ・クルスに提供。作中ではスーツやドレスが着用される。

アルマーニ「悪の法則」に衣装協力の画像を拡大

 GIORGIO ARMANIは、本作で衣裳デザイナーを担当したジャンティ・イェーツと監督のサー・リドリー・スコットをサポートする形で協力。同ブランドは以前にも「五線譜のラブレター」でジャンティ・イェーツと、「ハンニバル」でサー・リドリー・スコットとコラボレーションしており、今回両者と再びタッグを組む形となった。

 映画では全編を通じ、「EMPORIO ARMANI」の2011年春夏と2012年春夏コレクションの中からピックアップしたスーツをマイケル・ファスベンダーが着用。1つボタンのネイビーカラーのスーツや、2つボタンのクリーム色のスーツなどに、様々なシャツとネクタイを合わせたスタイリングで出演する。他にも、デイウエアや「ARMANI JEANS(アルマーニ ジーンズ)」のカジュアルなアイテムが加わる。