エースコックの大型新商品「茹でたて名人」。生麺戦線に満を持して殴りこむ(写真上)/記者もさっそく試食。「あ、本当にモチモチだ!」(写真下)

写真拡大

あのエースコックが、「社運をかけた」渾身の新製品を近く発売するという話が飛び込んできた。その名も「茹でたて名人」。構想2年、企画に2年を費やした渾身の力作だという。

2013年9月30日の発売を前に、J-CASTモノウォッチではいち早くこの商品を入手した。さて、そのお味は?

苦節4年、水分の多い「多加水製法」を実現

「茹でたて名人」の売りは、「まるで茹でたて生麺(なまめん)」のような新製法の麺だ。しかし「生麺のような」というキャッチフレーズは、最近各社がこぞって使っている。東洋水産の「マルちゃん正麺」の大ヒットは記憶に新しい。いったいどう違うの?

「いや、他社さんとは決定的に違いますから! とにかく食べてみてください」

新製品を提供してくれたエースコックの担当者に急き立てられ、さっそく一口――むむっ。確かに、今までのカップ麺とは食感が明らかに違う。なんというか、麺が「モチモチ」しているのだ。

「札幌ラーメンやつけ麺のお店などでよく使われる、水分の多い『多加水製法』の成果です。大量生産には本来向かないので、これまでカップ麺などではなかなか採用できなかったんですが、苦節4年、改良に改良を重ねてなんとか商品化に成功しました」

カップ麺の新商品企画はだいたい1年ぐらいが普通というから、「茹でたて名人」がいかに気合を入れて作られたかがよくわかる。

エースコックの「看板」にしたい

「従来の『生麺』をうたう製品は、本物の生麺と比べると『モッチリ感』が弱かったんです。そこを『コシ』の強調でごまかしていた部分もあったんですが、この『茹でたて名人』は違います。エースコックの技術の結晶ですよ!」

エースコックでは数年ぶりの大型新商品と位置づけ、CMやサンプリングイベントも積極的に実施、ゆくゆくは「スーパーカップ」などに並ぶ、エースコックの「看板商品」にしたいと担当者の鼻息は荒い。

希望小売価格は190円。「コク醤油らぁ麺」「コク味噌らぁ麺」の2種類。