<web.comツアー選手権 2日目◇27日◇ダイズ・バレー・コース(6,864ヤード・パー70)>
 web.comツアーファイナル最終戦「web.comツアー選手権」の2日目。1アンダーの31位タイからスタートした石川遼は4バーディ・2ボギーの“68”で2つスコアを伸ばしトータル3アンダーの15位タイに浮上して予選通過を果たした。
タイガー・ウッズが年間最優秀選手に輝く!最優秀新人はJ・スピース
 INからスタートした石川は、16番、17番と連続バーディでスコアを伸ばすと、後半も2番、5番と2つのパー3でバーディを奪取。終盤大荒れの天候となった7番、8番の連続ボギーでスコアを落としたものの、この日もグリーン周りで安定したパフォーマンスを見せて上位浮上を果たした。
 初日に比べてパーオン率はやや低下したものの、平均パットは引き続き上位をキープ。首位と6打差を追いかけてシーズン最終戦の決勝ラウンドに挑む。
 2日間を終えて首位はトータル9アンダーのチェッソン・ヘッドリー(米国)。2打差の2位にジョー・デュラント(米国)、トータル6アンダーの3位タイにアーロン・プライス(米国)、アンドリュー・スヴォボダ(米国)がつけている。
【2日目の順位】
1位:チェッソン・ヘッドリー(-9)
2位:ジョー・デュラント(-7)
3位T:アーロン・プライス(-6)
3位T:アンドリュー・スヴォボダ(-6)
5位T:ジョナサン・ベガス(-5)
5位T:マーク・アンダーソン(-5)
5位T:スコット・ガーディナー(-5)
5位T:アンドリュー・D・パトナム(-5)
15位T:石川遼(-3)他7名
<ゴルフ情報ALBA.Net>