くじけないで

写真拡大

[シネママニエラ]90歳を過ぎて詩作を始め、98歳で刊行された処女詩集「くじけないで」が168万部のベストセラーとなった柴田トヨさんの、あたたかな詩にのせて、その生き方を描いた映画『くじけないで』の試写会に、抽選で50組100名様をご招待します。

「人生いつだってこれから」と観る人全てに前向きな気持ちをくれる作品。トヨさんの詩は、東日本大震災時にも被災者心の支えとなりました。また世界からの注目度も高い詩集は、日本を代表する宝。映画『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督がメガホンを執った本作では、そんな多くの詩の数々も登場する。

【出演者】
八千草薫 武田鉄矢 伊藤蘭 / 檀れい 芦田愛菜 上地雄輔 ピエール瀧 鈴木瑞穂

映画『くじけないで』試写会

【日時】10月29日[木]18:00開場 18:30開演(上映時間:128分)
【場所】よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階) 案内図
【招待数】50組100名様
【応募締切】10月21日[月]
【応募方法】下記web応募のみ

1.映画『くじけないで』試写会ご応募はこちら

※応募先は外部サイト「MOBOMOGA」になります。ご記入いただいた個人情報の取り扱いにつきましては、お手数ですが「プライバシーポリシー」にてご確認ください。抽選の結果は発送をもってかえさせていただきます。

※シネママニエラ公式Twitterアカウント「@cinemaniera」をフォロー&今ご覧の記事をRTしてください。(任意)

映画『くじけないで』ストーリー

トヨ(八千草薫)は夫に先立たれ、一人暮らしをしている。ひとり息子の健一(武田鉄矢)は若い頃から小説家を夢見て定職に就かない暮らしをしていたが、妻の静子(伊藤蘭)は働きながら献身的に健一を支え、義母であるトヨにも尽くしていた。
ある時、トヨは白内障の手術を受けた。幸い手術は成功したものの、気持ちが弱ってしまったような様子のトヨを見て静子は心配する。そんなトヨにむかって健一は突然、詩を書くことをすすめるのだった。

映画『くじけないで』予告編



原作者の柴田トヨさん
1911 年(明治44年)6月26日、栃木県栃木市生まれ。90 歳から詩作を始め、平成15 年から22 年までの作品42 編の詩を納めた処女詩集「くじけないで」が詩集としては画期的な168 万部を超え、そして続く第二詩集「百歳」も47万部のベストセラーとなる。
日本公開=2013年11月16日
配給=松竹
公式サイト=http://www.kujikenaide.jp/
c2013「くじけないで」製作委員会





南樹里のシネママニエラ