写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大塚家具は10月25日、神奈川県横浜市に開店する商業施設「PREMIERE YOKOHAMA」に、デザインオフィス nendo(ネンド/代表:佐藤オオキ)とのコラボレーションによる新形態のセレクトショップ「EDITION BLUE PREMIERE YOKOHAMA(エディションブルー プレミアヨコハマ)」をオープンする。

○お気に入りの1点からインテリアを作る

同店は、「洋服を選ぶようにインテリアを選ぶ」をコンセプトに、北欧スタイルを軸として、イタリアン・モダンやヴィンテージなどをブレンドした家具や照明、雑貨などをセレクトしたインテリアショップ。

最初からインテリアをトータルコーディネートするのではなく、まずは「お気に入りの一点」を見つけることから始め、それに合わせて少しずつ家具を買い足していくことで「家具を育てていく」といった提案を行う。

東京・新宿、青山に次ぐ国内3店目のショップとなる同店は、「EDITION BLUE」のコンセプトを基に、横浜らしいノルディック風のリッチカジュアルなテイストでまとめた。バリエーション豊富なファブリックソファを中心に、お気に入りのソファを見つけることから始める提案のほか、多彩なクッションをはじめ、ファブリックベッドやベッドウェアなどの寝室コレクションが新たに加わり、さまざまなファブリックアレンジ楽しめる。またnendo/佐藤オオキが、老舗の曲木家具ブランド秋田木工の伝統のアーカイブをリデザインした「EDITION BLUE」オリジナルモデルの新作も登場する。

場所は神奈川県横浜市都筑区中川中央1-30-1 プレミア ヨコハマ内 3F。営業時間は10時〜21時。詳細は「モルゲンマルケット」を参照のこと。

(エボル)