写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー生命保険は25日、「シニアの生活意識調査」の結果を発表した。同調査は、9月4日から9月8日の5日間に、全国の50歳〜79歳の男女を対象としてインターネットリサーチで実施し1000人から回答を得た。

○シニアが大切に思うものランキング1位「健康」2位「お金」3位「子ども・孫」4位「パートナー」

現在の生活において大切にしているものを聞いたところ、最も多く挙がったのは「健康」(84.2%)となり、次いで「お金」(60.4%)、「子ども・孫」(57.1%)、「パートナー(妻・夫・恋人)」(54.8%)、5位「趣味」(53.4%)と続いた。健康な身体と経済力、温かい家族関係に加えて、日常生活を豊かにする趣味が上位に挙がる結果となった。また、「食事・お酒」(42.7%)との回答も多く、食生活も人生を豊かにする要素として重視している様子がうかがえた。

○今後優先的にお金をかけたいのは「パートナーとの絆づくり」、シニアの約半数

今後優先的にお金を使いたいと思うものとして、最も割合が高かったのは「旅行などの趣味」(63.6%)となり、次いで「パートナー(妻・夫・恋人)との絆づくり」(51.9%)、「健康増進・アンチエイジング」(46.7%)、「子ども・孫との絆づくり」(46.3%)と続いた。自分のためだけの物品を購入するというよりは、大切な人との思い出や絆を深めるためや、健康や若さを保つためにお金をかけたいとの思いが感じられる結果となった。また、「知識の習得・資格の取得」(12.0%)や「金融投資」(10.5%)など、向学心や経済動向への関心を持つ人も見られ、知的な活動に優先的にお金を使いたいと考える人もいるようだ。

○実現したい夢は多彩「日本一周鉄道の旅」「フラメンコ」「介護ボランティア」「若い恋人」など

これからの人生において実現したい夢を自由回答で意見を募ったところ、健康や趣味、旅行などの回答が多く寄せられた。「日本一周鉄道の旅」(70代女性)、「フラメンコを踊ってみたい」(60代女性)と旅行三昧の生活を楽しみたい人や趣味の幅を広げたい人、「70歳まで元気に働きたい」(50代男性)と仕事に打ち込みたい人、「大学の学位を取る」(50代女性)、「語学の学習を通して視野を広げたい」(60代女性)など学びを深めたい人、「介護ボランティアとして社会に貢献したい」(60代男性)、「地域社会に貢献すること」(70代男性)など社会に尽くしたい人など、夢は多彩。そして、「億万長者になりたい」(50代男性)や、「若い恋人の獲得」(70代男性)との野望を胸に秘めている人もいるようだ。

○その他の調査結果トピックス

・定年退職を経た男性は、健康や人間関係をより大切にし、社会貢献意識も高まる傾向

・"ペットは大切な存在" シニアの6人に1人

・"年齢を重ねても美しくありたい" シニア女性の3割

・健康増進への投資意識は九州・沖縄で6割、北海道で3割と西高東低?

・"やる気の源"は「夢・志」 シニアの約3割

・シニアライフに向けた資金準備はOK、シニアの約4割

・将来の自分の病気や介護に準備不足を感じているシニア4人に3人

・「理想のエンディングイメージを持っている」 シニアの5人に1人

・シニアライフ設計で「愛は不可欠」約6割、「きままなシングルライフが良い」約4割

・仕事を持つシニアの過半数は、今後も「仕事は欠かせない」

・終活は重要だと思うシニアは4人に3人、シニア女性では84%

・シニアライフでネット上のつながりは有効と回答

・ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)利用シニアの6割半

・ソーシャルメディアはシニアの約4割に浸透、シニアの7人に1人がTwitter利用者

・SNS疲れは感じない?SNS利用シニアの8割強が、SNSを今後も利用したい!

(金野和子)