イソップ初のスパイシー最中発売 京都店オープン記念

写真拡大

 スキンケアブランド「Aesop(イソップ)」が、和菓子屋「HIGASHIYA(ヒガシヤ)」とコラボレーションした最中を限定販売している。9月26日にオープンしたイソップ京都店の内装デザインをSIMPLICITYの緒方慎一郎が担当したことから実現した。「Aesop」が菓子を手がけるのは今回が初めてだという。

イソップ京都オープン記念で最中発売の画像を拡大

 緒方慎一郎はSIMPLICITYのクリエイティブデザイナーとしてだけではなく、HIGASHIYA GINZAの甘味や茶、オリジナルの食器のデザインなども手掛けている。コラボレーション最中は、イソップ京都店のオープンと「Aesop」との友情を記念して、作られた。サクサクの皮で甘い餡を挟む伝統的なタイプの最中で、餡はボタニカル(植物由来)の「Aesop」のイメージから、シナモン、クローブ、カルダモンのスパイシーな3種の風味をセット。イソップ直営店、HIGASHIYA、そして香港のifc店のみので展開されている。

 京都店の店舗デザインは、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」、14世紀の俳優で劇作家の世阿弥元清の美学や京都の町家、日本語の縦書の配置にインスピレーションを得ている。店内は黒と白の配色で光と影の効果が創り出され、黒いメッシュのベールでエントランスから続く通路とリテールエリアが仕切られた。店舗前面の大きなウィンドウからは、店内に配された古びた井戸が垣間見えるという。

■イソップ京都
住所:〒604-8103 京都府京都市中京区柳馬場通三条 上る油屋町97番
電話番号:075-741-8103
営業時間:11:00〜7:00