『レゴⓇ ムービー』 ©2012 The LEGO Group. All rights reserved.

写真拡大

レゴブロックの世界を映像化した長編映画『レゴⓇ ムービー』が、2014年春に日本で公開される。

【もっと大きな写真を見る】

デンマークのレゴ社が開発・販売し、世代を越えて愛好され続けているレゴブロック。同作では、レゴブロックの質感や形状を活かしたユニークな映像を駆使し、平凡で生真面目なレゴミニフィギュアのエメットが「世界を救う鍵となる人物」だと誤解されてしまったことからはじまる物語が描かれる。今回公開された予告編では、レゴブロック仕様のバットマンやワンダーウーマン、ニンジャ・タートルズが登場することも確認できる。

監督・脚本は『くもりときどきミートボール』『21ジャンプストリート』のフィル・ロード&クリストファー・ミラー。オリジナル版の声の出演者には、主人公エメット役のクリス・プラット、エメットの敵となるプレジデント・ビジネス役のウィル・フェレルのほか、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、エリザベス・バンクスらが名を連ねている。