「寿ビデオ大賞」を実施

写真拡大

「結婚の幸せ」を多くの人とシェア(共有)したい――そんなムードが高まっているようだ。披露宴などで紹介される「寿ビデオ」を、ネット上のSNSなどでシェアしたいと答えた人が約6割に及んだ調査結果もある。「寿ビデオ」を対象に、賞金100万円(大賞)を掲げるコンテストも始まった。

ユーチューブにアップし、サイトの応募フォームから参加

コンテスト「寿ビデオ大賞」を実施しているのは、アクサダイレクト生命保険。2013年9月26日から募集を始めた。

「寿ビデオ」とは、披露宴や二次会で披露される、新郎新婦の生い立ちや友人らの余興・メッセージなどを紹介する映像のことだ。

この寿ビデオを多くの人に見てもらうことで、幸せを分かち合い、さらにビデオを作る側の人を応援したいとの思いから、今回初めてコンテストを実施することになった。

応募受付は10月25日まで。11月20日に結果発表の予定で、大賞1作品には賞金100万円が贈られる。ほかに、入賞3作品(賞金各10万円)などが選ばれる。

YouTube(ユーチューブ)にビデオをアップロードし、「寿ビデオ大賞」サイトの応募フォームから参加する。応募条件などは、同サイトで確認できる。

「最も力を入れたい」結婚式の演出、寿ビデオが2位

寿ビデオについては「結婚式に関する意識調査」(アイシェア実施)で、Facebook(フェイスブック)などSNSや動画サイトでシェアしたいか、という質問に対し、計58.7%が「シェアしたい」「まあまあしたい」と回答している。また、結婚式の演出で「最も力を入れたい」ものを聞いたところ、寿ビデオは12.8%で2位と上位に入り、関心の高さを伺わせた(1位は食事で33.0%)。

調査は、全国の20代から40代の男女1000人を対象に、9月7日から8日にかけて実施した。