北海道・小樽で大人気の「マロンコロン」 (c)TVh「けいざいナビ北海道」

写真拡大

 北海道のスイーツ、お菓子と言えば「白い恋人」「マルセイバターサンド」、あるいは最近では「じゃがポックル」や「カリカリまだある?」などのスナックを思い浮かべる人も多いかもしれない。

 では、小樽のスイーツと言えば? 近年はLeTAO(ルタオ)が有名である。「オタル」を反対から読むと「ルタオ」だ。そういうネーミングのチーズケーキ屋さんだがこれが本州からの観光客にも大人気。今や北海道を代表するスイーツの一つになっており、小樽の観光客でにぎわう通りにあるLeTAO(ルタオ)のお店はいつも繁盛している。

 しかし、小樽の人たちに小樽を代表するスイーツはなんだと聞くと、決してルタオという答えは返ってこない。「マロンコロン」「クリームぜんざい」という、観光客はきっと聞いたことのない商品名が返ってくる。

 私も小樽に赴任した年に、東京からの来客があり、学生に何か北海道らしいお土産用意してほしいと依頼して、その学生が買ってきたのが「マロンコロン」であった。困り顔の私に学生は堂々と、「小樽と言えばマロンコロンですよ!」と力説する。

 学生の舌と大人の舌では大きな差があるだろうと思いながら一口食べてみると、これがなんと絶品。鎌倉の鳩サブレのような味と食感に近いのだが、個人的にはマロンコロンの方が豊かな深みのあるテイストに仕上がっていると思う。もちろん、そこには小樽の大正ロマンの香りも漂う。

 しかし、あくまでも地元で人気のお菓子にすぎない。鎌倉と小樽、町としての知名度はどちらも全国的に超有名だ。しかし、似た商品なのに、鎌倉の鳩サブレは全国区である一方、マロンコロンは小樽圏内にとどまる。マロンコロン、なんてもったいないんだ、というのが私がマロンコロンを初めて食べた時の感想である。

 おそらく、全国の地方都市や町には同じような事例がたくさん転がっているはずである。いわゆる地元の名店だ。しかし、どの地方も人口減少と高齢化のスピードが上がっており、こういう名店にとって先行きはあまり明るくない。できればもっと大きな商圏を獲得したいはずだ。

 前置きが長くなったが、私が進行役を務めるテレビ北海道「けいざいナビ北海道」では、このマロンコロンを製造、販売する「あまとう」の札幌進出戦略を特集した。全国の、地元の名店の今後の経営戦略にも応用可能だと思うので、紹介する。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)