写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京浜急行バスは10月1日から、新路線「羽田空港〜大船駅・鎌倉駅線」を江ノ電バス藤沢と共同で運行する。同社初となる羽田空港から鎌倉駅へ直通する空港リムジンバスで、羽田空港発2便、羽田空港行2便の1日4便。

同バスは羽田空港にて、第1ターミナル・第2ターミナル・国際線ターミナルの3カ所に停車する。運賃は大人1,330円、小児670円。乗車予約は京急高速バス座席センター、または江ノ電予約センターにて、乗車1カ月前から乗車前日の16時30分まで受け付ける。乗車当日の販売は、鎌倉駅発便(羽田空港行)が江ノ電バス鎌倉インフォメーション(出発時刻5分前まで)にて、羽田空港発便は羽田空港内バス乗車券取扱いカウンター、または羽田空港内自動券売機にて、それぞれ行う。

新路線開設に合わせて、地方や海外から羽田空港を経由し、鎌倉を訪れる旅行者の利用を想定したきっぷ「羽田鎌倉セット券」も発売。鎌倉地域内の観光スポットを網羅した5区間の路線バスと、江ノ電の鎌倉〜長谷間が1日乗降り自由になるフリーきっぷ「鎌倉フリー環境手形」と、羽田空港〜鎌倉駅間の空港リムジンバス片道乗車券のセットで、発売額は大人1,700円、小児850円。当日販売はなく、京浜急行バスでの予約のみでの販売となる。

(佐々木康弘)