写真提供:マイナビニュース

写真拡大

西日本鉄道は10月10日、観光用2階建てオープンバス「FUKUOKA OPEN TOP BUS」の利用者数10万人突破を記念し、同バスのプルバックカー(後ろに引いてから手を離すと走り出す玩具)を発売する。

色は赤と青の2種類で、各2,500個限定。ヘッドライトが点灯するほか、実際に乗務しているバスアナ(バスアナウンサー)の案内音声など4種類の音が流れるサウンド機能付き。1台1,575円で、福岡市役所1階のユニバーサルカフェにて販売される。

販売開始当日は、福岡市役所1階ロビーにて記念セレモニーを挙行。同日にはオープンバスの乗客の中から、4歳以上小学生以下を対象に、記念品としてプルバックカーが1人1台プレゼントされる。プレゼントは10月10日に運行する「FUKUOKA OPEN TOP BUS」全便が対象。なお、プレゼントの色の指定は不可となる。

「FUKUOKA OPEN TOP BUS」は2012年3月24日に運行を開始。1日平均約200名のペースで利用されており、当初の目標としていた「年間利用者数5万人」を7カ月で突破。運行開始から約1年半が経過した今年9月20日、利用者数10万人を突破した。

(佐々木康弘)