アップルに勝訴、日本人の力証明

ざっくり言うと

  • 米Appleとの特許訴訟で、日本の個人発明家が「完勝」を収めた
  • 男性は1998年、アップル側に技術の「売り込み」を行ったが交渉が決裂していた
  • 原告側代理人は「日本に有能な人材がいることを証明した」と声を弾ませた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング